ドライマウス(口腔乾燥症)の症状と原因、その予防法と治療・対処法

ドライマウス あなたは最近、口の中が乾きませんか?

口の中が乾くドライマウス(口腔乾燥症)

最近、口の中が乾くドライマウス(口腔乾燥症)になる人が増えています。

ドライマウスは、ただ単に唾液量が減り、口が渇くだけの病ではありません。

唾液の量と人間の健康には密接な関係があると知っていますか?

唾液には、人間の身体を健康に保つ様々な役割があるのです。

ドライマウスを放っておくと、風邪を引きやすくなったり、虫歯が増えたり、口の中で激痛が走るなど、様々な症状を引き起こします。

もし、少しでも口の渇きを感じるようなら、チェックポイントを確認してから、自宅でできる唾液量の測定テストをしてみて下さい。

唾液ってそんなに大事なの?

唾液は健康にとって重要

普段、唾液(だえき)について気にする人はほとんどいないと思います。

しかし、健康な生活をする上で唾液は非常に重要な役割を担っているのです。

まず、口の中で唾液が減ると、食べかすが残りやすくなって細菌が繁殖しやすくなり、虫歯が増えます。

また、唾液には抗菌力があるので、口から入ってくる菌を撃退する働きがあります。

しかし、唾液が少なくなれば抗菌力が弱まり、風邪を引きやすくなったりなど、様々な病を引き起こすことになってしまうのです。

私たち人間が健康な生活を送る上で、唾液には様々な重要な役割があるのです。

だかこそ、ドライマウス(口腔乾燥症)になったら、できる限り早く治療する必要があります。

ドライマウス(口腔乾燥症)の予防法・対処法

ドライマウス(口腔乾燥症)の予防法・対処法

ドライマウス(口腔乾燥症)の予防法・対処法とは、唾液の量を増やすということです。

唾液の量を増やすには、食事の時によく噛むことが重要です。噛む回数と唾液の量は比例するからです。

そのため、食事や料理法にひと工夫することをオススメします。

また、唾液腺を刺激して唾液(だえき)を分泌させる健口体操もオススメです。

ドライマウス(口腔乾燥症)対策を目的とした様々なグッズも販売されていますので、そちらも試してみるのもよいでしょう。

また、口の中は健康と密接に関係しています。歯周病口内炎にも気を付けましょう。


学芸員、学芸員補 学芸員、学芸員補の資格試験情報

高級ブランド ブランド物好きのための高級ブランド大百科